スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーラという子を読んで


私がこの本を読み終えたとき私が一番に感じた感情は「ホッと」した気持ちでした。というのも、シーラがトリィの元に来てからトラブルが続きっぱなしで、この本がラストに向かっていくにつれてショッキングな出来事がいくつも起こっていったからです。しかし、シーラとトリィはそれらの出来事をクリアーしていき、そして物語のラストで、トリィの元に来た時とはまるで別人になったシーラは、トリィと別れを告げ二人ともそれぞれの道を歩んでいくことになりました。私はこの心からこのラストに安堵しました。

物語の中で私はシーラの感情に注目しました。シーラがトリィの元に来た時のシーラを例えるならまさに獣、自分の感情をむき出しにし、怒りを覚えたら叫び、悲鳴をあげ、破壊行動や暴力行為に及ぶ様はまさに自制心のない獣でした。いわば人として自分を見失っていたといえます。そのシーラに対しトリィは、シーラに自分を取り戻させるために教師として指導を続けました。私はトリィがシーラに対して「~してみない?」という言葉を使っていたことが印象に残っています。荒れ狂いすべてを拒否しようとするシーラに対してトリィはあくまで無理矢理強制させることを極力行わずに、シーラの意思を尊重しました(シ―ラが間違えたことをしたのでそれをやめさせるためや、トリィ自身が激情的になってしまい強制させてしまうことは何回かはありましたが…)私はトリィのこのシーラの意思を尊重する教育方法のおかげで、シーラが人間としての成長を遂げたのだと私は思っています。シーラはトリィに出会うまで、父親に強制された生活を強要されていました。シーラはトリィと出会ったことで自分の意思が通る、尊重されることの喜びを知り初めてシーラは一人の人間、一人の子供としての道を歩めたのだと私は思っています。このことは現実の教育においても大事なことだと私は思います。子供に合わせることはないが、子供が嫌がることを無理矢理、強制的にさせることはよくないのだと私は思います。このことに気をつけ、子供の意思を尊重することで、子供は自我が成長していき大人になるための準備をしっかりとできるのだと思います。逆に子供に強制的に「あれをしろ!これをしろ!」と命令して強制させてしまうと、子供の自我の成長は妨げられ、それこそ昨今問題になっている指示待ち人間や、アダルトチルドレンのような人間に育っていってしまうのではないかと私は考えます。このようなことからも、トリィがシーラにしたこれらの教育指導は大変適切でよかったと思います。
スポンサーサイト

和泉元彌が「レッツゴー! 陰陽師」を踊ってる\(^o^)/
smile.jpg
http://www.nicovideo.jp/watch/sm328698



一体彼はどこへ行くのだろう?



30秒でわかる和泉元彌史
2000年頃 和泉元彌ブレイク 

2001年頃 ダブルブッキング・ドタキャン騒動

2002年 能楽協会から除名

~元彌覚醒~

2005年 空中元彌チョップ

そして2007年元彌ご乱心


ギャグマンガのような人生ですね><


ふざけやがって!ふざけやがって!ふざけやがって!コノヤロー!!
今朝新聞を見てびっくりしました
親父がクレイジーキャッツ大好きだったんで小さいときからよく無責任男シリーズを見せられてました
あのパワフルな歌声と豪快な笑い声が聞けなくなると思うと残念です
植木等さんお悔やみ申し上げます
http://www.hiramoto.com/sindan/
↑植木等度チェックというものらしいです、なかなかおもしろいので是非一度やってみることをおすすめします

月刊ジャンプ打ち切りの報が鳴り響き 僕はただ悲しいふりをする
ちょっと取り上げるのが遅い気がしますがw
月ジャン打ち切りですか…
月ジャンはめったに読まないんですけど心配事が一つあります
ギャグ漫画日和です
ギャグ漫画日和が大好きなんですが、一体これはどうなるのでしょうか?それが少々心配です
6月に休刊し秋に新雑誌を創刊するそうですがそれにまた連載するのか?
それとも週ジャンか?はたまた作者がNEETに突入かw?
もし週ジャンに連載されるとしたら毎週はきつそうなんで、隔週連載なんかしてくれるといいですね。

月ジャンのギャグ漫画日和以外の連載陣を見たことないんで公式サイトで確認してみたんですが、
エンジェル伝説の人やらPAPUWAの人やらダイの大冒険の人達やらなんと佐々木様の人まで…ずいぶんいろいろな漫画家が書いてたんですね
こんなにバラエティ豊かな人達が連載してても売れないんですねぇ
そして新雑誌に移行するといっても当然前と同じ漫画ばっかり連載するわけも無いでしょうし…
つらいですねぇ…

つらいですねぇ人気ないのは…おもしろいのにねぇ…
あっ…





ユンボルのことですよ!


週ジャンに載った時はさすが武井しびれるぅ!おもしれーと喜んでいたのですが
連載から何週間か経つにつれみるみると連載順位を下げ今となっては、おお…もう…
なにより私の周りのジャンプ読者の反応がおお…もう…ですよ
私の周りでユンボルに対して肯定的なコメントをした者僅か一人!
さらに私がジャンプユンボルしか読んでないよと言ったときの、周りに居た人達が私を見たあの目一生忘れません
みなさんは別にギャグを言ったわけではないのに「ねーよww」と言われた経験がありますか?(泣)
なんか聞くところによるとユンボルとM&Yが打ち切り最有力候補だそうで(むしろ確定ランプがついたなんていう噂も)…
なんてこったい/(^o^)\ あのペンギンの漫画と卓球の漫画よりも人気無いなんて('A`)
 
setsuko



   
今yahooのTOP見たらニコニコ動画も終了のようですね、早っ!
まるで月光仮面のように颯爽と駆け抜けましたね

たのしく たのしく やさしくね
お久しブリーフ!
ダンディー杓文字です。

本当にみなさんお久しぶりです約半年ぶりの更新です。
あの長く忌々しい受験勉強はやっと去りました。
もう受験勉強中は本当にLonlyで

街中で居る場所なんてどこにもなくて

体中から愛がこぼれていました


冗談はさておき…7月に勉強するぞと意気込んでブログの更新を止めたのはいいものの、その後すぐに勉強に本腰入れられたというわけではありませんでした('A`;)
しかし決してゲーム等をグータラやっていたわけではないのですよ、今思い出そうとしても何をしていたのか良く思い出せませんw
多分焦りながらもぼーっとしてたんだと思いますww
その後やっぱりぼーっとしたり、勉強したりしながら2月上旬に試験を受け見事…


第一志望に落ちて第二志望に受かり

ました\(^o^)/イヤッホゥー



第一志望と第二志望は学校・学部は同じなんですけど学科が違うんですよ('A`)
まぁ学科が違ってもとりあえずは行きたい大学だったんでよかったんですけどね。

合格発表(第一志望)の時はあっけなかったです。
PCで合否がわかるサイトに行って番号を打ち込み始めて1分も経たない内に不合格の二文字が画面に現れましたからね…
その後何分もカタカタカタカタ…とキーボードの音が部屋に鳴り響いたのは言うまでもありません。・゚・(ノД`)・゚・。ええ何回も確認しましたよ、間違いじゃないかと('A`)

まぁ試験の手ごたえで大体結果はわかっていたんですけどねぇ…
第一志望のほうはまったく手ごたえが無かったのに対して第二志望は力石のアッパーくらい手ごたえがありましたからとりあえず第一志望はオチタナ('A`)と薄々感づいておりました。
認めたくありませんでしたがw
まぁもうすっぱり第一志望の方はあきらめました
あーきらめましょう スッキリしましょう パッパパラッパってやつですね

試験が終わった後はずーーっとゲームをしていて(ここ一週間くらいでゲーム4本程クリアしてしまいました…だいぶ廃人です)
このささくれJapanとかいう過去の遺物は忘れていたんですがw
友人がブログを再開したと耳にしたので私も当ブログを再開するに至りました。
というわけでこれから不定期ながらも更新を再開していきますのでどうか当ブログをよろしくおねがいします。
Copyright © ささくれJapan. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。